Top > スキル別の看護師の収入は? > スキル別の看護師の収入は?

スキル別の看護師の収入は?

スキル別の看護師の収入は?


kango03.gif 看護師の世界にももちろん役職や階級が
あります。それによってもお給与が変わって
くるのです。

総看護師長、看護師長、主任という3つの
役職があります。
普通の会社に例えると、総看護師長が部長、
看護師長が課長、主任が係長のような
イメージですね。

係長の平均年収が約400万円から500万円
と言われていますが、この基本的な給与に
役職手当が主任以上には付くので、
それ以上の高収入になります。

看護師さんの役職付きと比較すると、同じように500万以上の高収入ですが、役職や夜勤手当
など合わせて考えると、600万以上もあり、かなり大きいという実態のようです。

主任は、看護師のキャリアを考えたときに10年後になれる役職と言われています。
また、40代の看護師さんの平均年収が500万なので、更に手当がつくと600万以上も可能です。

やはり、看護師としての実績や経験が高い人たちには大きな責任や高い技術も必要なので、
このくらいの報酬は当然といえるのではないでしょうか。

→ スキルアップするための転職するならコチラ

→ 次ページ


看護師の求人高収入

看護のお仕事